Forest Products Research Institute

第23回 木のグランドフェア
2014.7.1更新

■趣旨
 北海道はその面積の7割が豊かな森林です。私たちは森林の恵みである木材を、暮らしの中で上手に利用してきました。 しかし現在、世界的規模で深刻な課題となっている地球温暖化を防止するため、荒廃した森林の再生や森林資源をこれまで以上に 有効活用することの重要性が増しています。そのような中、道民の間では「木とふれあい、木に学び、木と生きる」ことを目標にした 「木育」という、人づくり、地域づくり、社会づくりの運動が、大きく動き出しています。
 これまで木材の利用技術の研究とその普及を 図ってきた地方独立行政法人北海道立総合研究機構林産試験場と一般社団法人北海道林産技術普及協会では、道民のみなさまの木材へ の理解を深めるとともに、「木育」のより一層の推進のため「木のグランドフェア」を開催します。

■開催行事
 ○木になるフェスティバル

 ○第22回北海道こども木工作品コンクール展

 ○木工作ひろば

開催案内チラシ 表(PDF 619KB) 裏(PDF 584KB)

<地図はこちらをご覧ください。>

※駐車場が限られるため、ご来場の際は車の相乗りにご協力ください。

■主催

  ・地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場

  ・一般社団法人 北海道林産技術普及協会

■後援
北海道地域産業技術連携推進会議、北海道上川総合振興局、北海道教育委員会、旭川市、旭川市教育委員会、公益社団法人日本木材加工技術協会北海道支部、北海道木材青壮年団体連合会、旭川木材青壮年協議会、旭川地方木材協会、北海道新聞旭川支社、朝日新聞旭川支局、毎日新聞旭川支局、読売新聞旭川支局、日本経済新聞旭川支局、FMりべーる

お問い合わせ先:林産試験場 企業支援部技術支援グループ
TEL:0166-75-4233(内線421,422)
e-mail:rinsan-ext@ml.hro.or.jp

■行事内容

【木になるフェスティバル】

<開催日>  平成26年7月26日(土) 9:30〜15:00
<開催場所> 林産試験場(旭川市西神楽1線10号)
<プログラム>
1.開会式(9:30〜9:45)
   開会式参加者には粗品のもらえる「林産試スタンプラリー」参加カードを配付します。
2.各種催事(9:45〜15:00)
@りんさんしめぐり
Aこの木なんの木
B木でワクワク コンピュータクイズ
Cコパールを磨こう!
Dシロアリの観察
木をひっぱってみたら・・・(実演)
木のメモホルダーをつくろう
E間伐材でMy箸づくり
Fキノコかざりをつくろう
Gバイオマス燃料について知ろう!
H木をつぶしてみたら・・・(実演)
Iゴムてっぽうで遊ぼう (こども対象)
   ※工作キット代600円。会場内で販売。
J木の内装どう思う?(おとな対象)
K木っ端で遊ぼう 〜自由工作コーナー〜
※工具使用の場合は大人同伴。大人のみは不可。
L木育コーナー(協力:NPO法人もりねっと北海道)
Mぷちクラフトコーナー(協力:上川総合振興局)
Nむかしなつかし昭和の遊び
O歩くいず (こども対象)
Pふれあいコンサート

※催事等の内容は都合により変更されることがあります。
当日、総合案内で配布するプログラムで催事の開催内容を必ずご確認ください。
※科学体験、工作体験は準備の都合上、回数・人数に限りがありますので、あらかじめご了承ください。
※会場には食堂はありません。出店による軽食の販売のみとなります。


【第22回北海道こども木工作品コンクール展】

<開催期間> 平成26年9月13日(土)〜10月5日(日)
<開催場所> 木と暮らしの情報館(林産試験場 構内)

<コンクール概要>
○作品部門
・木工工作個人の部
・木工工作団体の部
・レリーフ作品の部

 
○作品受付期間
平成26年8月18日(月)〜9月4日(木) 必着 (所属の小・中学校から応募してください)

○表彰
・最優秀賞(知事賞) 1点
・優秀賞       2点
・特別賞       数点

※コンクールの詳細についてはこちらをご覧ください。


【木工作ひろば】

<開催日>  平成26年8月3日(日)
<開催時間> @10:00〜12:00、A13:30〜15:30
<開催場所> 木と暮らしの情報館(林産試験場 構内)
<定 員>  午前・午後  各10組  要予約

<木工作ひろばの問い合わせ・申し込み先>
   一般社団法人 北海道林産技術普及協会
    TEL:0166-75-3553

 Forest Products Research Institute